1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. Visual Basic

Visual Basic

Visual Basicとは

マイクロソフト社の代表的な開発言語環境であるVisual Basic。
他の言語に比べ、比較的簡易な記述で済むような文法になっており、開発にかかる手間が軽減できます。
また.NET Frameworkにも対応しており、様々な分野での開発に耐えうる言語です。

Visual Basicはこんなスキルです

Visual Basicは、マイクロソフト社が開発したプログラミング言語です。
C言語やJavaなどと同じ様に、プログラミング言語ですが、Windows用のアプリケーション開発に特化した「統合開発環境」としての顔も持っています。
アプリケーションのスムーズな製作のために、多くの処理が自動化され、視覚的に操作できるのが特徴です。
そのため、プログラミング初心者にはもちろん、開発の手間を省けるために、プロにとっても便利なツールとして愛用されています。

無料一括資料請求

Visual Basicの将来性は?

今後、様々な動作環境に対応できるVisual Basicのスキルや.NET Framework などの知識に対する需要は高まっていくと予想されます。
単独のソフトウェアだけではなく、Web業界でも役立つ言語でもあるため、就職先の選択肢は幅広いというメリットもあります。
また、Visual Basic 6.0以前とVisual Basic .NET以降では仕様が異なっており、.NETに移行できないプログラマーが少なくないのが現状です。
今から学習を始めれば、Visual Basic .NETのスキルが身につき、就・転職の際に有利に働きます。
Visual Basicプログラミング技術者能力認定試験やVB検定といった資格の取得もおすすめです。

Visual Basicの活躍の場は?

プログラマとして、ソフトウェア開発会社に務めるのが一般的です。
さらに、派生言語のVBScriptが扱えれば、Web製作の企業でも重宝されます。
現在のバージョンはMicrosoft .NET Framework(実行するOSなどに依存しない開発・動作環境)に対応しているので、こちらも合わせて理解すれば、より幅広い活躍が期待できます。
また、VBA(Visual Basic for Applications)の知識を活かし、オフィス製品を使った業務を簡略化して、職場のコスト削減を図るといった活躍も可能です。

Visual Basicはこんな人に向いています

Visual Basicや.NET Frameworkは、開発をスムーズに行える優れたツールですが、他の言語と同様に、作成するものによって向き、不向きがあります。
そのため、Visual Basicだけでなく、他の言語も習得しながら、プログラマーとしての成長を見据えられる方に向いています。
また、言語の性質から、Windowsの動作や仕様によく慣れ親しんだ方にオススメです。

無料一括資料請求

Visual Basic試験・資格データ 《Visual Basicクリエイター能力認定試験》

合格率 51.4%(平成20年度平均)
受験資格 年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。
取得方法 Visual Basicプログラミング能力認定試験に合格すると取得できます。
レベル 1級、2級、3級
試験内容 1級: 【実技試験】プログラム制作指示書(設問)に従い、プログラムを作成。
2級: 【知識試験】Visual Basicプログラミングに必要なプログラミング知識・技能について出題
【実技試験】ファイル操作、グラフィックの使用、配列(3級の内容含む)
3級: 【知識試験】Visual Basicプログラミングに必要なプログラミング知識・技能について出題
【実技試験】コントロールの使用やデザインの変更、コマンド実行時の条件分岐や繰り返し処理
受付期間 希望する日時(テストセンターによる受付)受験する会場によって受付期間が異なります。
試験日 随時試験:受験する会場によって試験日が異なります。
団体受験:実施団体のご都合に合わせて自由な日時で試験を行うことができます。
受験料 1級:7,200円
2級:5,900円
3級:4,900円
※団体受験会場の場合は1試験1回につき受験申込手続料2,100円が、別途必要となります。
問合せ先 ビジネス能力認定サーティファイ
〒104-0031
東京都中央区京橋3-3-14 京橋AKビル
無料一括資料請求

Visual Basicスクール一覧

指定講座のスクール情報はありません。

※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。