1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. 製図

製図

製図の仕事とは

製図とは、設計者の元図をもとに正確な図面に描き起こし、設計者の意図を誰もが分かるように、図面はJIS(日本工業規格)で定められたルールに則った方法で、CADや手書きで描きます。
与えられた敷地にどれくらいのボリュームの建物が建つかを大まかにつかんだ上で、建築概要、平面図、立面図、断面図などの図面におとし企画設計します。
またその企画設計に基づいて、実施設計に使える基本設計図面、さらに見積図として使う図面や役所に提出する建築確認申請図へとおとしていく作業などがあります。

製図はどんな場面で役に立つの?

製図のスキルがあると、建築、電気・機械、印刷、またほとんどすべての製造業や、建築・設計事務所などで大きく役立ちます。
また在宅で働いたり、独立して、フリーランスとして働くこともできます。(その際は道具などが必要になってきます)

無料一括資料請求

製図の将来性は?

製図のスキルを持っていると、将来的に企業に就職したり、設計事務所などで実績を積むことができます。
国家資格を取得し、ある程度キャリアを積めば独立も可能ですし、ものづくりには欠かせない仕事なので、ニーズは多様です。

こんな人が製図取得に向いています

製図の仕事

およそ製造業で製図を必要としない業種はないというくらい「モノづくり」にはかかせない仕事です。
また、デザイナーの意図を生産部門に正しく伝えるために、製図の専門知識を学ぶことが必要です。
実際に製図の技能に加え、深い製品理解が求められます。

製図の雇用形態・給料は?

製図の雇用形態は各種製造メーカーや製図、設計、建築事務所に就職し、正社員、派遣社員などで働くケースが主ですが、経験と実績を積み、フリーランスとして働くケースもあります。
給料は平均して時給1700円程度からと考えてよいでしょう。

無料一括資料請求

製図試験・資格データ《建築図面製作技能士》

合格率 64%(平成19年度)
受験資格 原則として実務経験が必要。
学歴、実務経験年数、職歴などによって規定されている。
取得方法 建築図面製作に関する学科及び実技試験に合格し、合格証書を受け取ることで取得できます。
レベル 1級、2級
試験内容 実技【1級】:
  • 建築投資図面制作作業: (5時間30分)
    配置図、平面図、立面図及び矩計図並びに外部仕上及び視線方向の指示に従い「事務所併用住宅」の外観透視図を作図、彩色。
  • 建築図面CAD作業: (4時間30分)
    鉄筋コンクリート造5階建て集合住宅の1階~5階平面図、東西断面図等に基づき、矩計図をCADで作成。
実技【2級】
  • 建築投資図面制作作業: (4時間30分)
    配置図、平面図、立面図、断面詳細図及び外部仕上、視線方向の指示に従い外観透視図を作図、彩色。
  • 建築図面CAD作業: (3時間30分)
    鉄筋コンクリート造5階建て集合住宅の1階~5階平面図、東西断面図等に基づき、断面図をCADで作成。
  • 学科【1・2級】:
    ○×方式と多岐選択方式
    受付期間 前期:4月上旬~4月中旬
    後期:9月下旬~10月上旬
    試験日 前期:
    【実技試験】 6月中旬~9月上旬
    【学科試験】 7月下旬~9月上旬
    後期:
    【実技試験】 11月下旬~2月下旬
    【学科試験】 1月下旬~2月中旬
    受験料 実技試験:15,700円
    学科試験:3,100円
    ※各都道府県により受験料がことなります。
    問合せ先 中央職業能力開発協会 技能検定部 企画管理課
    〒112-8503
    東京都文京区小石川1-4-1 住友不動産後楽園ビル
    無料一括資料請求

    製図スクール一覧

    ※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。