1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. パソコン検定

パソコン検定

パソコン検定とは

パソコン検定は、数あるパソコン関係の検定・資格の中でも人気があり、毎年10万人ほどが受験します。
コンピュータ知識、情報通信ネットワーク、情報モラルと情報セキュリティなどが問われます。
自分のレベルにあわせて受験できるため、パソコンのスキルアップに最適。
上級の有資格者は情報系スペシャリストとして活躍できます。

パソコン検定はこんな資格です。

パソコン検定は5級~1級、準1級・準2級・準4級の8段階とインストラクター資格に分けられ、パソコン初心者から企業の ICT(Information and Communication Technology) のスペシャリストまで幅広くカバーしてパソコンの有効な活用を尽力します。
就職・転職に活かすためには、主に2級以上が必要になってくるのが現状です。

無料一括資料請求

パソコン検定の有級者はどんなところで働くの?

初級~中級者の中には、職場に活かせるようパソコンスキルを磨くために受験する方が多いです。
上級者は情報のスペシャリストとして、企業内で情報部門を統括する者や、一般のユーザーにパソコン教室を開業したりと様々です。

パソコン検定の有級者の将来性は?

情報関係の業務に就かなくとも、現代はパソコンスキルが必須の時代です。
検定で習得した知識があれば、オフィスでの作業効率の向上やパソコンのトラブル対処にも力を発揮することができます。
また、1級を取得した場合は企業内での情報化推進リーダーとして活躍出来る可能性もありますので、パソコンスキル系の、他の資格とも組み合わせれば、就職・転職といった場面で非常に有利です。

パソコン検定試験・資格データ

合格率 1級:50.0%   準1級:27.3%
2級:36.3%   準2級:69.3%
3級:76.2%
4級:85.5%   準4級:84.5%(平成20年度)
受験資格 年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。
取得方法 パソコン検定協会が実施する試験に合格すると取得できます。
試験は全国の PASS認定校(認定試験会場)で行われますが、試験日は会場によって異なります。
Microsoft Windows* および Microsoft Office* が中心の試験になります。
レベル 1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、準4級
試験内容 選択式・論述式テスト、タイピングテスト、ワープロ・表計算ソフトでの実技テストなど
※P検2009よりワープロカテゴリに一太郎2008が追加されます
受付期間 試験会場によって異なります。
試験日 試験会場によって異なります。
受験料 2,500円(準4級)~10,000円(1級)
問合せ先 パソコン検定協会
〒171-0042
東京都豊島区高松1-11-16西池袋フジタビル3F
無料一括資料請求

パソコン検定スクール一覧

指定講座のスクール情報はありません。

※Microsoft Windows, Microsoft Officeは、Microsoft Corporation.の商標です。
※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。