1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. パース

パース

パースとは

パースとは透視図のことで、図面から建築物の完成予想図や俯瞰図などを透視図法に則って描いたものを「建築パース」といいます。
図面だけでは伝わらない建築物の外観のイメージを伝えるパースは設計の検証、お客様へのプレゼンテーション、広告など、建築パースを使用する機会は増えています。
3D-CADソフトによって作成されたCGパースが広く利用されていますが、水彩画などもあります。
また、パースはインテリアコーディネーターやインテリアデザイナーなどの仕事に従事している方も学んでいます。

パースはどんな場面で役に立つの?

パースの資格を取得すると、住宅メーカー、建築・設計事務所や不動産業界、広告業界などで活躍の場があります。
多くの場合、各企業の宣伝やデザイン部門などで、広告にのせる建築物の完成予想図やインテリアのデザインなどをパースを用いて描きます。
パースや3Dイラストを専門に製作する会社に就職する場合もあります。

無料一括資料請求

パースの将来性は?

パースデザイナーが描いたパースはプレゼンテーションや広告などに使われ、特にプレゼテーションにおいて企業からの需要が多く、建築関係では建築パースはデザインやインテリアなど、計画及び施工に至るさまざまな場面で必要とされています。
プレゼンテーション、営業ツールとして最も注目を浴びているCGデザイナーは現在人材不足ですので、就職の幅が広がりますす。
パースや3Dイラストを専門に製作する会社などを起業することもできます。

パースの仕事

図面だけでは伝わらない建築物の外観のイメージを伝えるパースは設計の検証、お客様へのプレゼンテーション、広告など建築パースを使用する機会は多くあります。
また、パースはインテリアコーディネーターやインテリアデザイナーなどの仕事にも利用されています。

無料一括資料請求

パーススクール一覧

※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。