1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. マイクロソフトオフィス

マイクロソフトオフィス

マイクロソフトオフィスとは

マイクロソフトオフィスはExcel、Word、Powerpoint、Outlook、Accessといったビジネス用のアプリケーションソフトを一つにまとめたパッケージ製品です。
表計算、文書作成、プレゼンテーション、メール管理など、基本的な事務作業を効率よく行うことができます。
これらのソフトを扱うことは、パソコン作業が必要不可欠となっている現代のビジネスシーンで欠かせない最低限必要な能力となりつつあります。
また、MOS(マイクロソフトスペシャリスト)やMCT(マイクロソフトトレーナー)といったマイクロソフト社認定の資格を取得すれば、就転職の際のアピールポイントとなります。

マイクロソフトオフィスはどんな場面で役に立つの?

現代社会は、どのような職場でもパソコンを使う時代です。
職場によって求められるスキル は様々ですが、マイクロソフトオフィスを扱えるという能力は、特別なスキルではなく標準的なスキルとして周囲から求められつつあります。
ソフトを使いこなせる人材はどのような職場でも重宝されるでしょう。

無料一括資料請求

マイクロソフトオフィスの将来性は?

年々、「Officeを扱える」ということは、標準的なスキルとして求められるようになってきており、初歩的な操作ができるだけではアピールポイントになりにくいのが現状です。
特にWord、Excelといったソフトはその傾向が顕著に見られます。
その中でも、一歩進んだ知識を持っているスペシャリストが重宝されるケースもあるため、MOS・MCTといった資格を取得すれば、就職・就転の際に有利になります。
ソフトウェアは数年ごとにバージョンアップがあるため、その度に柔軟に対応していく必要があります。

こんな人がマイクロソフトオフィス習得に向いています

マイクロソフト オフィスは事務作業に必要な便利な機能を多く備えています。
中には、専門的過ぎて、一般的には知られていない使い方や機能もあります。
アプリケーションを覚えて、基本的な使い方をマスターしつつ、少しでも作業を効率化できないかを考え、ソフトの機能を最大限に活かせる人、つまり、探究心と応用力のある人に向いているといえるでしょう。

無料一括資料請求

マイクロソフトオフィススクール一覧

※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。