1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. マンション管理士・主任者

マンション管理士・主任者

マンション管理士・主任者とは

マンション管理組合の運営からマンションの設計・施行に携わり、弁護士、税理士、建築士とも交渉、相談を行います。
マンション完成後には、運営のフォローや住居者との相談まで、一躍を担える資格です。
また、マンション管理士は、一般のマンション管理人とは関係はありません。
試験日程の詳しい詳細は6月上旬に国土交通大臣名で官報に公告されますので、確認してから試験を受験してください。

マンション管理士・主任者はどんなところで働くの?

マンションの管理組合やマンション管理会社、不動産業者からも現在ではニーズがあります。
雇用形態は企業や組合などに属し、正社員がほとんどとなりますが、なかには自営業でマンションを管理・運営する場合もあります。

無料一括資料請求

マンション管理士・主任者の将来性は?

昨今の不動産業界における耐震強度偽装問題などを受け、今後の法改正により必要になってくる可能性が高いです。
偽装問題以前に比べ、マンション全体に対する消費者の見解が少しづつ変わってきており、マンション管理士は将来の可能性を秘めた資格と言えるでしょう。

マンション管理士・主任者試験

マンション管理士になるためには、財団法人マンション管理センター主催のマンション管理士試験に合格し、マンション管理士として登録することが必要です。
また、マンション管理士は5年ごとに、国土交通大臣の認可を受けた法定講習を受講しなくてはなりません。

合格率 8.6% (平成20年度)
受験資格 年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。
取得方法 マンション管理士試験に合格すると取得できます。
試験内容 全て四肢択一でマークシート方式(50問)
  • マンションの管理に関する法令及び実務
  • 管理組合の運営の円滑化
  • マンションの建物及び附属施設の構造及び設備
  • マンションの管理の適正化の推進に関する法律
受付期間 9月上旬~9月下旬
試験日 11月下旬
受験料 9,400円
問合せ先 財団法人マンション管理センター
〒101-0003
東京都千代田区一ツ橋2-5-5 岩波書店一ツ橋ビル7階
無料一括資料請求

マンション管理士・主任者スクール一覧

指定講座のスクール情報はありません。

※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。