1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. Linux

Linux

Linuxとは

Linux は、UNIX系から派生したオープンソースの OS です。フリーソフトウェアとして公開されており、しかも高性能なシステムの構築が可能なため、近年多くの企業から注目を集めています。
今後の発展が非常に期待されている OS であり、需要も多くあります。

Linuxの将来性は?

Linuxの技術を習得したら、IT・通信業界でのサーバの構築、保守・支援作業が主な活躍の場となります。
仕事をする上では、コマンドやパソコンの知識も必要となります。
単に Linux のインストールや基本的操作するだけでなく、Linux のソースコードを理解し、バグやセキュリティホールの修正などの経験・実績があると、就職や転職に非常に有利となります。

無料一括資料請求

Linuxはこんなことができます

UNIXを元に、世界中のボランティアの開発者によって改良を重ねられ開発されました。UNIXの資産を受け継ぎながらもフリーソフトという特徴があるため、安価で高性能なシステムを構築することができます。
学術機関を中心に広く普及しており、企業のサーバ用OSとしても多く使われています。 最近では携帯電話やデジタル家電などへの組み込み機器の OS として普及しており、その汎用性に注目が集まっています。

こんな人がLinuxに向いています

Linux は安定性と高度なセキュリティが求められるサーバ用OSとして認知されているので、ネットワークやデータベースなど企業や社会の根幹をにぎる部分への関わりが大きいです。
エンジニアの力量が非常に重要になるので、仕事をするうえでの責任感がある人に向いていると言えます。

無料一括資料請求

Linux試験・資格データ《Linux技術者認定試験(LPIC)》

合格率 非公開
受験資格 レベル1:
年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。
レベル2:
認定されるためには「有意なLPICレベル1」を保有している必要がありますが、レベル1より先に受験することは可能です。
レベル3(Core):
認定されるためには「有意なLPICレベル2」を保有している必要がありますが、レベル2より先に受験することは可能です。
レベル3(Specialty):
認定されるためには「有意なLPICレベル3(Core)」を保有している必要がありますが、レベル3(Core)より先に受験することは可能です。
取得方法 Linux技術者認定試験(LPIC)の各レベルに設定されている試験に合格することでそのレベルを取得できます。
※レベル1とレベル2を取得するには、それぞれに設定されている2試験を5年以内に合格しなければなりません。
※レベル3(Specialist)に設定されている2試験はいずれか1つに合格すると認定されます。
レベル レベル1:初級
レベル2:中級
レベル3(Core/Specialty):上級
試験内容 レベル1:選択式問題と記述式問題。コンピュータに解答を入力する試験方式。
【101試験】
  • システムアーキテクチャ
  • Linuxのインストールとパッケージ管理
  • GNUとUnixのコマンド
  • デバイス、Linuxファイルシステム、ファイルシステム階層標準
【102試験】
  • シェル、スクリプト、およびデータ管理
  • ユーザインターフェイスとデスクトップ
  • 管理業務
  • 重要なシステムサービス
  • ネットワークの基礎
  • セキュリティ

レベル2:選択式問題と記述式問題。コンピュータに解答を入力する試験方式。
【201試験】
  • Linuxカーネル
  • システムの起動
  • ファイルシステムとデバイス
  • 高度なストレージ管理
  • ネットワーク構成
  • システムの保守
  • ドメインネームサーバ
【202試験】
  • Webサービス
  • ファイル共有
  • ネットワーククライアントの管理
  • 電子メールサービス
  • システムのセキュリティ
  • トラブルシューティング

レベル3:選択式問題と記述式問題。コンピュータに解答を入力する試験方式。
【301試験】
  • 概念、アーキテクチャおよび設計
  • インストールおよび開発
  • 設定
  • 使用法
  • 統合と移行
  • キャパシティプランニング
【302試験】
  • 概念、アーキテクチャおよび設計
  • Sambaのコンパイルとインストール
  • Sambaの設定と使用法
  • ユーザとグループの管理
  • CIFS、NetBIOS、およびActiveDirectoryとの連携
  • セキュリティとパフォーマンス
【303試験】
  • 暗号化
  • アクセス制御
  • アプリケーションセキュリティ
  • 操作のセキュリティ
  • ネットワークセキュリティ
受付期間 定員になり次第、お申込受付を終了します。
試験日 試験会場によって異なります。
受験料 1級:15,750円
2級:15,750円
3級(Core):31,500円
3級(Specialty):1試験 21,000円
問合せ先 Linux Professional Institute Japan
無料一括資料請求

Linuxスクール一覧

※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。