1. 総合資格ナビ
  2. ヒューマンアカデミー通信講座 たのまな
  3. 【通信講座】テープ起こし講座
通信

ヒューマンアカデミー通信講座 たのまな 【通信講座】テープ起こし講座

ヒューマンアカデミー通信講座 たのまな

スキルを学び身につけ、現代社会へと貢献することができる
ヒューマンアカデミー

【通信講座】テープ起こし講座 録音された音声をテキスト(文章)にするお仕事

お仕事や家事の空き時間に、自宅で手軽に稼げる在宅ワーク

「テープ起こし」とは、録音された音声をテキスト(文字・文章)にする仕事です。 プロのテープ起こし技術者(ボイテックスライター)を養成する講座です。 簡単そうに見えるテープ起こしですが、日本語表記のさまざまなルールやテープ起こしのテクニックを知らなければ行えない專門技能です。
全24科目すべての履修時間の目安は、60〜80時間。 個人差はありますが、1日2時間、週2日で履修すると4〜5ヶ月で修了。 履修にあたって、受講生やインストラクターが行うほとんどのパソコン操作は、 インターネット上で行い、それぞれの「マイページ」で学習します。
テープ起こしのお仕事は、情報公開法が施行されたことにより、ますます増え続けています。 新聞、雑誌のインタビューや会議議事録、裁判資料、医療、学術研究資料など多岐にわたり、 ボイテックスライターとして在宅で働くことができる人気の職業です。

たのまな講座 ここがポイント!

POINT1 インターネットを活用して受講ができる

一般的なインターネット環境、および一般的なパソコン環境にて、自由に使えるパソコンがあれば、いつでも、どこでも受講可能です。

POINT2 テープ起こし技術者 資格検定試験

一般社団法人 音声テキスト化協会主催「テープ起こし技術者 資格検定試験」の試験問題は、本講座のカリキュラムに基づいて出題。 本講座を受講することが合格への近道です。本試験に合格後、「テープ起こし技術者 資格認定証書」が発行され、社会的認知度が高まり、キャリアアップの証として就業支援が受けられます。

POINT3 テープ起こし技術者への就業支援

講座を修了後、「テープ起こし技術者 資格検定試験」に合格されると、テープ起こし技術者(ボイテックスライター)として認定。 その集まりである<ボイテックスメンバーズ>に加入された方を対象に、音声テキスト化協会の特別協賛会員が運営する「テープ起こし仕事情報サイト」を通して積極的に就業支援活動を行います。

学習の進め方(テープ起こし講座)

主要教材内容紹介

実務を意識したカリキュラム構成

本講座の教材は、テープ起こしの現場で得られた貴重な体験や情報を教材に反映させ、あくまでもテープ起こし技術者のプロを育成することにこだわった構成となっていて、実務を意識した全24科目からなる本格的なテープ起こし講座となっています。

修了すると本格的な「テープ起こし技術」習得の証明に

全24科目の履修をすべて修了すると本格的な「テープ起こし技術」を習得したことになり、受講先から「修了証書」が発行されますので、キャリアアップの証しとして、それぞれの就業活動を有利に運べます。

無料一括資料請求

コース概要

※費用に税別・税込の記載がない場合は税別金額となります。

テープ起こし講座

費用
通常受講料:54,000円(税別)
内容
「テープ起こし」とは、録音された音声をテキスト(文字・文章)にする、ボイテックスライターとして在宅で働ける人気の職業です。学習はインターネット上の「マイページ」を通して進行し、1日2時間、週2日で履修すると4〜5ヶ月で修了できます。
期間
標準学習時間:3ヶ月、在籍期間:12ヶ月
回数
添削回数:7回
送付内容
1.受講手引書
2.操作説明書
3.受講テキスト(「テープ起こし講座」) 1冊
4.Webベースの学習管理システム(マイページ)
・学習問題
・書起問題
・添削問題
目標資格
テープ起こし技術者 資格検定試験
対象
子育ての空いた時間に効率よく仕事がしたい
タイピングに自信のある方
ライティング以外に仕事の幅を広げたい
インタビューと文字起こしを一括で受注したい
記号の説明
教育訓練給付制度 : 教育訓練給付制度
平日開講 : 平日開講
夜間開講 : 夜間開講
振替可能 : 振替可能
土日祝開講 : 土日祝開講

ヒューマンアカデミー通信講座 たのまなのその他のコース