1. 総合資格ナビ
  2. ビジネス実務法務検定

ビジネス実務法務検定

ビジネス実務法務検定とは

ビジネス実務法務検定試験とは、企業法務を担う人材への企業のニーズに応えるために東京商工会議所によって創設された検定試験です。
ビジネスにおいて業務のリスクを察知し、法的にチェックし、問題点を解決に導く全てのビジネスパーソンにとって、必要不可欠なコンプライアンス能力を体系的・効率的に学ぶことができます。

ビジネス実務法務検定の活躍するフィールドは?

企業には消費者・取引先企業等、様々な利害関係を持つ人々がおり、これらの人々の立場や利益を無視することは許されません。
ひとたび、企業の不祥事が発生すると刑事責任や損害賠償などの民事責任はもちろん社会からも厳しいペナルティーを受けます。
それを避けるために、企業は法令を遵守できる能力のある社員を数多く求めています。

無料一括資料請求

ビジネス実務法務検定 有資格者の将来性は?

ビジネス実務法務検定はビジネスに絡む様々な法律を学ぶことができ、法律系資格の登竜門と考えている人も多くいます。
民法を始めとして、労働法、商法、刑法、不動産登記法、PL法などの幅広い知識が身につくことで、中小企業診断士、宅建取引主任者、社会保険労務士はもとより、司法書士、不動産鑑定士、公認会計士といった難関資格にチャレンジすれば、更なるステップアップになります。

ビジネス実務法務検定の仕事

ビジネス実務法務検定試験の受験者データを見ると、法務部門だけでなく、営業、販売、総務、人事などあらゆる部門のビジネスパーソンが受験しています。
法律知識を身につけていることは、自己の能力をアピールする大きな武器になります。就職活動を控えた大学生がこの資格を取得することで、企業から高い評価を得ることは言うまでもありません。

雇用形態・給料は?

ビジネス実務法務検定は独立開業を目指すための資格ではなく、就職転職のためのキャリアアップに役立つ資格です。現代社会においては、法的リスクに備えたり、法的紛争に巻き込まれた時に対処したりすることは企業経営にとって非常に重要です。
こうした企業法務を担う人材への企業のニーズに応えるために東京商工会議所によって創設されたのが、ビジネス実務法務検定なのです。
その意味で、ビジネス実務法務検定は就職、転職、キャリアアップに直結していると言えるでしょう。

無料一括資料請求

ビジネス実務法務検定

受験資格 【1級】2級合格者
【2級】特になし
【3級】特になし
試験内容 【1級】論述問題(共通問題2問、選択問題4問中2問選択)
【2級】マークシート方式による選択問題
【3級】マークシート方式による選択問題
合格率 【2級】54.5% 【3級】77.8%
受付期間 【2・3級】4月中旬~5月中旬 【1~3級】9月下旬~10月下旬
試験日 【2・3級】7月 【1~3級】12月
受験料 【1級】10,500円 【2級】6,300円 【3級】4,200円
お問合せ先 東京商工会議所検定センター
(土日・祝日・年末年始を除く10:00~18:00)

ビジネス実務法務検定スクール一覧

※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。