1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. ITパスポート

ITパスポート

ITパスポートとは

「ITパスポート」試験は、情報技術の基礎知識を問う国家試験です。
コンピューターを使って仕事をする人のみならず、IT化された社会で働くすべての方に必要な基本的能力を証明できます。

初級システムアドミニストレータ試験に変わって誕生したITパスポート試験

2007年(平成19年)12月に発表された情報処理技術者の新試験制度により、4つの区分に分けられたうちの基礎的な試験(レベル1)として、ITパスポート試験が新たに加わりました。
IPA (情報処理技術者センター)によると初級シスアドの試験は、ITパスポートのレベルを含んでおり、初級シスアドの合格者は、ITパスポートの合格水準に十分達しているそうです。

無料一括資料請求

ITパスポートの将来性

試験に合格すると、企業等の活動にとって欠かせない経営全般・IT管理・IT技術について、幅広い基礎知識を持っていることを国が証明してくれるので、就職・転職時に有利になります。
現在、企業においてコンピューターを使って仕事をするのは当たり前なので、ぜひ取得しておきたい試験です。

ITパスポート試験・資格データ

合格率 72.9%(平成21年春期)
受験資格 年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。
試験内容 試験時間:165分
出題形式:多肢選択式(四肢択一)
  1. 小問形式(1問の中に1つの設問がある試験問題):88問
  2. 中問形式(1問の中に4つの設問がある試験問題。1つの状況設定に対し、複数の視点から知識・理解を問う):12問
受付期間 春期試験:1月中旬~2月中旬
秋期試験:7月中旬~8月中旬
試験日 春期試験:4月中旬
秋期試験:10月中旬
受験料 5,100円(税込み)
問合せ先 情報処理推進機構
〒113-8663
東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス15階
無料一括資料請求

ITパスポートスクール一覧

※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。