1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. Illustrator

Illustrator

Illustratorとは

Illustratorはアドビシステムズ社のグラフィックス描画ソフトです。
主にプロをターゲットとした製品で、印刷用画像を作成する機能が豊富にそろっているため、DTP業界やデザイナーには欠かせないソフトの1つとして定番となっています。

Illustratorではこんなことができます

イラストレーターやデザイナー、また商業用印刷や広告会社では、多くの人がIllustratorを用いて画像を作成しています。
そのため、操作をマスターすることは、このようなデザイン・DTP業界を目指す方の第一歩となるでしょう。
また、アドビシステムズ社によってIllustratorのスキルを認定するアドビ認定試験制度も実施されています。

無料一括資料請求

Illustratorはどんな場面で役に立つの?

Illustratorは趣味から実用まで多くの人が親しんでいるソフトなので、様々なシーンに活躍の場があります。
主にデザイン事務所、広告代理店、企業の広報部、出版社、印刷会社で働く方が多いようです。
一方、デザインとはまったく関係ない職場であってもIllustratorのスキルがある方は、ちょっとしたパンフレット作成や社内報作成などでも実力を発揮することができるので、大変有効な技術だと言えます。

Illustratorの将来性は?

今後はWEBの進歩や広告媒体の多様化に伴い、Illustratorを用いるデザイナーの有用性はさらに高まっていくと考えられます。
将来性・注目度ともに若い世代に高い職業で、今日もIllustratorは活用されています。

Illustratorはこんな人が向いている

無料一括資料請求

Illustrator試験・資格データ《ACE/アドビ認定エキスパート》

合格率 非公開
受験資格 年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。
取得方法 【step1】認定レベルの選択
  • 単一製品認定//Adobe IllustratorやAdobe Photoshopなど、単一製品に対する専門知識を認定します。
  • マスター認定//マスター認定は、Adobe(R) Creative Suiteを適切に組み合わせて使用する専門知識を認定しています。(Creative Suiteに含まれる全製品の試験の合格が必要)
【step2】受験登録
  • アドビ認定試験は、テスト事業者であるピアソンVUEおよびプロメトリック株式会社が実施しています。
    試験は世界に1,000拠点以上ある認定テストセンターにて行われています。
【step3】試験への準備、受験
試験内容 アドビシステムズ社の主な製品アプリケーションごとに、その機能に関する知識・操作技量を評価します。
認定試験にはテストセンターのコンピュータを使用し、[60問から90問]の選択問題が出題されます。
各試験1時間から2時間で終了します。
結果は試験終了後すぐに表示されます。
受付期間 希望する日時(テストセンターによる申し込み)
試験日 希望する日時(テストセンターによる受験)
受験料 18,900円(税込)
ソフトウェアのバージョンアップに伴う再認定試験の際には別途5,000円が必要
問合せ先 アドビシステムズ株式会社/アドビ認定
〒141-0032
東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー
無料一括資料請求

Illustrator試験・資格データ《Illustratorクリエイター能力認定試験》

合格率 77.2%(平成20年度平均)
受験資格 年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。
取得方法 Illustratorクリエイター能力認定試験に合格すると取得できます。
レベル 1級、2級、3級
試験内容 知識試験:
  • DTPおよびAdobe Illustratorに関する知識
  • 多肢選択解答形式(答案記述形式)
実技試験:
  • Adobe Illustratorの操作によるDTPファイルの作成
  • テーマ・指示に従い、ハードディスク上等に解答を保存し、提出する。
受付期間 試験会場により受付期間が異なります。
試験日 試験会場により開催日程が異なります。
受験料 1級:8,100円
2級:7,100円
3級:6,500円
問合せ先 ビジネス能力認定サーティファイ
〒104-0031
東京都中央区京橋3-3-14 京橋AKビル
無料一括資料請求

Illustratorスクール一覧

※Adobe Systems製品は、Adobe Systems Incorporated. の商標です。
※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。