1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. イラストレーター

イラストレーター

イラストレーターとは

広告のイラストや雑誌における表紙や挿し絵、カバーのイラストを描く職業です。
専門のイラストレーターも大勢いますが、アニメーター・漫画家が兼業することもあります。
主に、出版社の編集者や広告ディレクターなどからの注文に応じて絵柄を描くことが多く、作品は文章やデザインとの組み合わせで活かされることが普通です。

イラストレーターはどんな場面で役に立つの?

出版社や広告代理店の依頼により仕事を受ける形式をとっているため、主に自宅やデザイン事務所などで働きます。
自分の作品を表現する場は、雑誌からポスター、挿絵に広告、プロダクトデザインまで多岐に渡り、実績と経験を積むことで仕事の量が増えていきます。
一人の作業が多い仕事ではありますが、ふと街で自分の作品に出会ったときの喜びは格別です。

無料一括資料請求

イラストレーターの将来性は?

イラストレーターとしての成功は、もちろんデザイン関係の会社で実力をつけてフリーになることです。
今イラストレーターとして活躍している人のほとんどはフリーランスであるということを考えると、チャンスは誰にも与えられているということでしょう。
才能と実力、経験で仕事を勝ち取っていくので、独創的なジャンルや特有のスタイルを身につけることが重要であると言えます。

こんな人がイラストレーター取得に向いています

実力も必要ですが、何よりも「絵を描きたい」という意気込みが大事です。
仕事を獲得するにも、絵が上達するにも、自信の意気込みで大きく変わることでしょう。
そのうえで、時代にあったセンスやアイデアを持っている人や、長時間集中できる忍耐を持った人などが、イラストレーターとしては向いていると言えます。

無料一括資料請求

イラストレータースクール一覧

※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。