1. 総合資格ナビ
  2. スペースデザインカレッジ
  3. インテリアデザイン設計科
通学

スペースデザインカレッジ インテリアデザイン設計科

スペースデザインカレッジ

20歳からのインテリアデザイン学校
スペースデザインカレッジ

専門学校とはココが違う!スペースデザインカレッジのインテリア実践教育

入学資格は20歳以上。大人の為のインテリア学校です。

いわゆるインテリア専門学校と呼ばれる教育機関には18歳 19歳の方が多く通われています。
対してスペースデザインカレッジでは入学資格を20歳以上としており、20代から50代まで幅広い年齢層の方が通われています。(平均年令は25歳)
インテリアとは違った仕事をしている(た)方や大学では経済や語学を学んでいた方が現状に疑問を持ち、デザインの道に進もうと決意され入学をしています。

ある程度の年齢にきて方向転換をするのですから、それなりの覚悟が必要です。
つまり
「20歳以上であること」=「将来を真剣に考えている。本気で勉強しよう!という覚悟がある」
ということです。 お互いに切磋琢磨出来る環境がスペースデザインカレッジにはあります。

講師は全員プロのインテリアデザイナー、建築家です。

専門学校と呼ばれる教育機関の講師は「教えることを専門にしている方」がある一定数以上必要、という規定があります。
対してスペースデザインカレッジでは講師はほとんどが現役で仕事をしているプロのインテリアデザイナー、建築家です。

つまり教科書に載っていることを教えるプロではなく、
「時流に適したデザインとは?」「今まさに必要とされている人材とは?」
という視点を十分理解した現役のプロデザイナーが指導にあたります。

刻々と変化するデザイン業界に精通したプロと密に接することができる環境がスペースデザインカレッジにはあります。

就職に必要な実践的なカリキュラム構成です。

いわゆる専門学校と呼ばれる教育機関では国が定める要項にしたがってカリキュラムが組まれています。
このカリキュラムにはデザインに関するもの以外に、体育や語学などの授業も必須となっています。
「これらの授業は全く必要無い」とは言いませんが、短期間で履修するのなら出来るだけデザインに関する授業を多く設けるべきだと考えます。 また国が定める要項では、インテリア分野と建築分野、両分野をバランスよく学ぶことが難しい状況にあります。

ここで重要なのは
「実務にインテリアと建築の境は無い」
という点です。
インテリアコーディネーターでも工事現場に出向いて大工さんと打合せをすることもあります。この時に建物の構造について理解していなければ大工さんと会話ができず、指示もできません。
水道屋さんと打合せをする時、建築設備の知識が無ければ... 同じことです。
デザインだけできれば良いわけではないのが実務です。

つまり
就職をして自分の居場所をつくるためには、インテリアと建築、両分野の知識、技術が必要。
ということです。
スペースデザインカレッジは就職に必要な知識と技術を身に付ける事を最重要ポイントとしてカリキュラムを考えています。

公益社団法人インテリア産業協会のコンペにて最多受賞者を輩出しています。(21年連続、合計114名受賞)

スペースデザインカレッジではインテリア関連では日本において最大規模のコンペ「住まいのインテリアコーディネーションコンテスト」や「キッチン空間アイデアコンテスト」に毎年参加しています。
このコンペはインテリアコーディネーター資格を管理しているインテリア産業協会(経済産業省がバックアップ)が全国のデザイナーを対象に行なっているものです。
当校の学生は
「インテリア産業協会会長賞」「製造産業局長賞」といった上位の賞を含め、多数の学生が様々な賞を受賞しています。
また、全国にある学校の中で「最多の受賞者(114名)を輩出」「開校以来21年連続受賞」というのも特筆すべき点です。
学内だけでなく全国レベルで実力を試す機会があることは、モチベーションを高める良いきっかけであると考えています。

少人数制できめ細やかな指導をします。わかるまで何度でも質問が出来る環境です。

大学や大規模な専門学校とは違い、少人数制で一人ひとりに合った指導をしていきます。
授業時間外でも質問があれば遠慮なく質問をしてください。

家で課題を進める中で疑問があったり、自分で考えたプランをチェックしてもらいたい時には「写メ」を担当講師に送ってやりとりをする学生もいます。

やる気があれば学校以外でもコミュニケーションをとることは可能です。
遠慮無く質問できる環境がスペースデザインカレッジにはあります。

インテリアコーディネーター資格試験の合格保証・就職保証をします。

スペースデザインカレッジではインテリアコーディネーター試験の対策講座を行っています。(受験希望者対象)
万が一不合格だった場合、翌年以降の対策講座に無料で受講することが出来ます。(合格するまで何度でも参加出来ます)
また、就職までを完全サポートする為に就職保証を行っております。
もし卒業後に就職が決まらない場合は、授業への参加、作品作りの為の作業、学校の設備・道具などの開放を行っております。希望する就職先へ行く為の万全のサポートを行っていきます。

インテリアデザイン設計科で学べること

  • インテリアコーディネーション
  • マンションリフォーム
  • 戸建て住宅の設計
  • 店舗デザイン
  • 家具・照明デザイン
  • ガーデンデザイン
  • グラフィックデザイン(Photoshop/illustrator)
  • CADを使っての製図、CG制作
  • インテリアコーディネーター試験対策

インテリアデザイン設計科のポイント

インテリアデザイン設計科では、住宅のインテリアデザイン、コーディネーション、店舗デザインに留まらず、建築の知識、技術をしっかりと身に付けるため木造住宅の設計についても学びます。
また照明器具や家具デザインまで幅広く履修していきます。
プレゼンテーションテクニックについてはCAD、フォトショップイラストレーターといたソフトを用いて効果的な提案ができるようになります。
このコースでは設計からコーディネートまで幅広く課題をこなし、即戦力となる専門技術を身に付けます。
また、半日はアルバイトをすることが出来る環境です。生活費を得ながら、教育ローンを利用しながら無理なく学校に通うことができます。

インテリアと建築の知識

インテリアのお仕事も建築のお仕事も建築の構造や設備、図面の読み方、描き方などがわからなければ、住宅でも店舗でも、美術館や保養所などのパブリックスペース、そしてランドスケープでも仕事にならないのが現実です。
インテリアデザイン設計科の授業割合は具体的に、建築65%、インテリア35%の割合。
1年次には戸建住宅デザイン・店舗デザインを中心に、インテリア・建築の知識・技術の基礎を実技中心で徹底的に学びます。
また、デザインの基礎力を身につけるため、デッサンや陶芸など、手を動かしものをつくりあげる訓練を繰り返し行います。

インテリアコーディネーター資格の取得

在学中にインテリアコーディネーターの資格取得も目指します。インテリアコーディネーターの資格試験を受験する学生は、対策講座などで効果的な勉強方法を学び、演習問題をこなしながら合格レベルの実力を身に付けます。

インテリアデザイン設計科のカリキュラム

インテリアコーディネーション

インテリアコーディネーターとしての職域を意識し、課題に取り組みます。
インテリアコーディネーションの課題は2種類あり、建築設計の課題を終えた後にその内部空間のインテリアを仕上げるものと、独立したリフォーム・リノベーションの課題によるインテリアコーディネーションの授業です。
どちらの課題も内部空間のインテリアエレメントを選定していき(床材・壁紙・天井材・家具・照明・設備機器…等々)ひとつの空間としてまとまったコーディネートと出来るように勉強していきます。
自分で設計したものは当然窓の位置や天井の高さ、空間の広さ等自由に変更できるので、色々なパターンが作れますが、リフォームやリノベーション等は既に存在する建築空間に対してどの様にインテリアをまとめるかが求められます。
この二つの「ある程度自由が利く空間」と「制限された空間」をデザインする手法を学び、能力を高めます。

店舗デザイン

カフェやアパレルショップ等の店舗デザインを履修します。
単にインテリアをデザインするのではなく、経営的に成り立つための採算計画に基づいた切り口の提案が求められます。
単なる店舗デザイナーに留まらない、総合力ある「店舗プロデューサー」を目指します。

住宅設計

1年次は住宅の設計を通し、建築の知識・技術を身に付けます。
課題は設計製図、模型等の製作からインテリア空間のデザインまで、トータルにデザイン出来る様になります。


パース・着彩技法

2次元の図面では表現できない、完成予想図を3次元的な絵にして表現するのがパースです。
スケッチとは違い、法則に従って描いていきますので、絵が苦手な人でも立体的に形をとることが出来ます。
さらに、色合いや素材感を伝えるため、色鉛筆・絵の具・パステル・マーカー等で着彩をしていきます。


CAD・CG

手描き図面を修得後、コンピュータを使い平面図、展開図といったインテリア&建築図面を描きます。
更にCG(コンピューターグラフィック)の制作まで出来るようになります。
※CADはベクターワークスを使用。(認定校)

目指せる職種

  • インテリアコーディネーター
  • 店舗デザイナー
  • 各デザイナー
  • インテリアスタイリスト
  • 照明デザイナー

アクセスマップ

東京校

〒171-0022
東京都豊島区南池袋2-27-8 南水ビル6F
「池袋」駅東口より徒歩3分

京都校

〒604-8152
京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町650
「烏丸」・「四条」駅21番出口より徒歩3分

大阪校

〒530-0047
大阪市北区西天満2-8-1 大江ビルヂング203・204
「淀屋橋」駅 1番出口より徒歩5分

無料一括資料請求

コース概要

※費用に税別・税込の記載がない場合は税別金額となります。

平日開講

インテリアデザイン設計科

費用
入会金 50,000円、授業料 900,000円
【合計】950,000円
内容
アルバイトをしながら学べることができる環境です。
卒業時には即戦力に。1年間又は2年間で、インテリアデザインのプロを目指します。
期間
1年 or 2年
回数
【東京校・京都校】
1年制/月〜金(約800単位) or 2年制/月〜金(約1600単位)
■Aコース 09:00-12:30 ■Bコース 14:00-17:30

【大阪校】
1年制/9:30-16:50(週2)/9:30-12:40(週1)、計週3(約800単位)
水、木、金
対象
未経験者が対象です。
1年間で基礎的なデザインの技術と知識を学び、インテリアデザイナーとして又は建築デザイナーとして就職する為の能力を身に付けます。
更に能力を高めたい方には、インテリアデザイン設計科2年制もご用意しております。
記号の説明
教育訓練給付制度 : 教育訓練給付制度
平日開講 : 平日開講
夜間開講 : 夜間開講
振替可能 : 振替可能
土日祝開講 : 土日祝開講

スペースデザインカレッジのその他のコース