1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナーは、メーカーや広告代理店、あるいは社内の企画担当者から依頼を受け、ディレクター・ライター・カメラマンなどと共同で商品を作り上げていきます。
以前まではペンと紙を使っていましたが、現在では Photoshop、Illustratorなどの画像編集ソフトや描画ツールソフトを用いるのが主流となっています。

グラフィックのスペシャリストに

チラシのデザインをはじめとして、書籍デザイン、ポスターデザインやパッケージデザインや名刺デザイン、さらにはWebサイトのデザインなど、幅広く仕事を手がけることが多いと思います。
案件によっては、アートディレクターやコピーライターとの共同で制作業務・デザイン作業を行ったりもします。
グラフィックデザイナーが一人でクライアントとの打ち合わせから納品 といったケースもありますので、仕事内容は大きく異なってきます。案件に応じて柔軟に対応できる能力を求められることが多いです。
クライアントとの折衝能力、プレゼンテーション能力などを求められる機会がありますので、デザイン以外の能力も磨く必要があります。

無料一括資料請求

これだけは抑えておきたいスキル

PhotoshopやIllustrator、IndesignやQuarkXPressなど、使用するアプリケーションソフトを最低限扱えるようになっていないと「仕事」としてデザインをすることは難しいでしょう。
また、デッサン力のある(学校などでデッサンについて勉強したことがある)人は重宝されます。
そのほかにも、自分の世界に入り込まずに周囲ときちんとコミュニケーションがとれるなど、人間的な部分も重要です。

グラフィックデザイナーの将来性は?

いつの時代も『デザイン』が生活に占める割合は大きなものです。
新商品や話題の品物はデザイン性がその売り上げを大きく左右することはしばしばあります。
グラフィックデザインに限らず、広くデザインに対する需要は増えることにあっても減ることはありません。
そういった意味で、将来性のある職種といえます。
自身が今までに磨きあげてきた個性を発揮して、仕事を勝ち得ていくという点においては、とても働き甲斐があり、誇れる職業でしょう。

人間力も磨くことが大切

デザインを作成するときは一人で制作するのではなく、チームで制作する機会が多数あります。
コミュニケーション能力の高いグラフィックデザイナーは高く評価されます。
グラフィックデザイナーから、アートディレクター、プロデューサーという職種にポジションアップして収入も上がっていきます。

こんな人がグラフィックデザイナー取得に向いています

デザイナーという仕事は全般的にセンスが求められる職業、というイメージを多くの方が抱いています。
確かに、デザイナーにとってデザインセンスや美的センスは、必要な適性と言えます。
しかし、最も重要なのは、努力をすることです。

無料一括資料請求

グラフィックデザイナー試験・資格データ《ACE/アドビ認定エキスパート》

合格率 非公開
受験資格 年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。
取得方法 【step1】認定レベルの選択
  • 単一製品認定//Adobe IllustratorやAdobe Photoshopなど、単一製品に対する専門知識を認定します。
  • マスター認定//マスター認定は、Adobe(R) Creative Suiteを適切に組み合わせて使用する専門知識を認定しています。(Creative Suiteに含まれる全製品の試験の合格が必要)
  • 【step2】受験登録
    アドビ認定試験は、テスト事業者であるピアソンVUEおよびプロメトリック株式会社が実施しています。 試験は世界に1,000拠点以上ある認定テストセンターにて行われています。
    【step3】試験への準備、受験
試験内容 アドビシステムズ社の主な製品アプリケーションごとに、その機能に関する知識・操作技量を評価します。
認定試験にはテストセンターのコンピュータを使用し、[60問から90問]の選択問題が出題されます。
各試験1時間から2時間で終了します。
結果は試験終了後すぐに表示されます。
受付期間 希望する日時(テストセンターによる申し込み)
試験日 希望する日時(テストセンターによる受験)
受験料 18,900円(税込)
ソフトウェアのバージョンアップに伴う再認定試験の際には別途5,000円が必要
問合せ先 アドビシステムズ株式会社/アドビ認定
〒141-0032
東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー
無料一括資料請求

グラフィックデザイナースクール一覧

※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。