1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. Excel

Excel

Excelとは?

Excelは世界中に普及しており、たくさんの人に使われている表計算ソフトです。
計算の機能が充実しているのはもちろん、自由にレイアウトが組めて、作業の自動化や高度なプログラムを作る機能も備えており、非常に役立つソフトと言えます。

Excelではこんなことができます

Excelはマイクロソフト社の製品の中で、Wordと並びオフィスで必須の表計算ソフトウェアです。四則演算や項目ごとの合計・平均値などの基礎的な計算はもちろん、いろいろなグラフの作成や画像の挿入など、豊富な機能が用意されています。
計算を行うために数字を扱うのはもちろんですが、自由なレイアウトで表を組むことができるため、資料やポスター作りなどにも役立ちます。
また、その他のマイクロソフトオフィス製品(Word・Powerpointなど)と操作が似ている部分が多いので、関連ソフトウェアにもスムーズに対応できます。

無料一括資料請求

Excelはどんな場面で役に立つの?

企業内の経理など、帳簿を扱うような部署ではExcelを使い慣れていると重宝されることは間違いありません。
Excelについて一歩進んだ知識があれば、作業を自動化してオフィスの業務を効率化するといったことも可能になります。

Excelの将来性は?

年々、Excelを扱うことが標準的なスキルとして求められるようになってきていますので、初歩的な操作ができるだけではアピールポイントになりにくいのが現状です。
特殊な関数を用いて計算したり、VBA(Visual Basic For Application:プログラミング言語)を使って処理を行うといったスキルがあれば、就職・転職の際に強くアピールができます。

Excelはこんな人が向いている

表計算のソフトですので、様々な数式を扱うだけでなく見やすい表の配慮など、柔軟な対応が求められます。
応用的な思考が得意な人に向いていると言えるでしょう。

無料一括資料請求

Excel試験・資格データ《Excel表計算処理技能認定試験》

合格率 76.2%(平成20年度平均)
受験資格 年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。
取得方法 Excel表計算処理技能認定試験に合格すると取得できます。
レベル 1級、2級、3級
試験内容 知識試験:
  • ビジネス帳票およびMicrosoft Excelに関する操作知識
  • パソコン認定試験実施プログラムによる選択問題
実技試験:
  • Microsoft Excelの操作によるxls(Excel2007=xlsx,xlsm)ファイル等の作成、編集
  • テーマ・指示に従いハードディスク上やFD等に解答を保存し提出する。
受付期間 試験実施約1ヵ月前まで。
試験日 公開試験:
【1・2・3級】3月中旬
【2・3級】7月中旬
【2・3級】11月上旬
随時試験:
試験会場により開催日程が異なります。
受験料 1級:7,500円
2級:6,500円
3級:5,500円
問合せ先 ビジネス能力認定サーティファイ
〒104-0031
東京都中央区京橋3-3-14 京橋AKビル
無料一括資料請求

Excelスクール一覧

※Microsoft Office 製品は、Microsoft Corporation. の商標です。
※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。