1. 総合資格ナビ
  2. 受講生の声
  3. グラフィックデザイナー受講生の声

グラフィックデザイナー 受講生の声

上田晴菜さん 女性

上田晴菜さん 女性

デジタルハリウッド グラフィックデザイナー講座

毎日が勉強、だから楽しい

グラフィックデザイナー専攻修了。
現在は株式会社ネクストで活躍中。

モノ作りがしたい!自分の気持ちに素直になって

『元々絵を描いたり、モノを作ったりすることが好きで、大学を選ぶ際も美術系に進もうか悩んだんですよ。その時は親の勧めもあって、文学部に入り語学を専攻したのですが、就職活動をした時にやっぱりモノ作りへの思いが捨てきれなくて。でもデザイン会社や広告系は経験者募集という形も多く、私はスキルも何もない状態だったので、まずはスキルを身につけようと考えたんです。
デジタルハリウッドの卒業生で活躍されている方を多く見かけたので、さっそく資料請求をしました。』

安心できた丁寧な授業

『コンピュータソフトを使ってのデザインは全くの未経験。美術部に入っていたので、アナログで絵を描いたことはあったのですが、入学前はやはり不安で。でも講師の渡部先生の教え方が丁寧で分かりやすく、しっかり身についているのを実感できましたね。ソフトやコンピュータの扱いだけでなく、デザインを具体的なところまで教えてくれました。
例えば、私が「こういう風な物を作ってみたい」と言うと実際に先生が作ったことのあるぶ厚い資料を「これ見せてあげるよ」と見せてくださったりとか。その資料自体が先生にしか作れない価値のあるものなので、借りるのがこわいくらいだったのですが「こんなに規定が細かく作ってあるんだよ」と説明までしてくれて、とても勉強になりましたね。』

卒業してからも続く仲間との交流

『受講生時代にクラスのみんなと情報交換をする時間が楽しかった思い出があるのですが、今でも連絡を取り合い、繋がっています。同じ方向で頑張っているので、話を聞くと刺激を受けますし、忙しくても頑張ろうと思えるんです。
ジャンルはWebや冊子など様々ですが、モノを作るという点では変わりなくて。理想を語ると、それぞれが広げたネットワークを活用したり、磨いた技術を活かして、いつか仲間と一緒に仕事をしたいですね!』

デジタルハリウッドデジタルハリウッド のおすすめポイント
『いろいろ検討したのですが、デジタルハリウッドの1年で凝縮して学べることに魅力を感じましたね。説明会に参加したらその1年という短期間でも自分の力になりそうだと感じ、大学を卒業してすぐに入学しました。』
無料一括資料請求