1. 総合資格ナビ
  2. 受講生の声
  3. Webディレクター受講生の声

Webディレクター 受講生の声

木下舞さん 女性

木下舞さん 女性

デジタルハリウッド Webディレクター講座

人気抜群のパラマント映画をWebとモバイルで続々PR

総合ProコースWebデザイナー専攻、イメージ・ビジュアルデザイン講座修了後、Webディレクターとして活躍中。

人の目に触れる仕事をしようと転職―

『現職に携わる前は、SEをやっていたんです。SEのお仕事は、縁の下の力持ち的なところもあり、もっとユーザーの目に見える仕事をやっていきたいと思うようになったのが、転職のきっかけです。自分で簡単なWebサイトを制作していた経験もあり、以前からWebデザイナーの仕事には興味を持っていたのですが、実務経験がないと中途採用は難しいということも知っていたのでずっと躊躇していました。ちょうどその頃、同じくSEからWeb業界に転職をした友達がデジタルハリウッドで学んでいたことを知り、私も入学を決めました。』

独学ではできないことをデジタルハリウッドで学ぶ―

『受講時代の一番の思い出は、やっぱりOJTに参加したことですね。私が取り組んだのは、山本太郎さんのサイトリニューアルOJT。三人という少人数で取り組んだため、やりがいもあって本当に良かったです。違うクラスの人たちと一緒に作業ができたのも新鮮でした。

OJTと卒業制作は重なっていたし、仕事をしながら受講していたのでもちろん忙しかったです。けれど仲間やクラスメイトと励ましあいながら制作をしていたので、大変だったという記憶はないですね。

総合Proコースを終えてから、イメージ・ビジュアルデザイン講座を受講したことも良かったかもしれません。重ねて受講すると、やっぱり大変だと思うから。イメージ・ビジュアルデザイン講座では、配色やレイアウトなど、デザインの基礎となる部分を勉強します。毎回のトレーニングを通じて、企画やアイデア出しをする授業内容はとても新鮮でしたし、結果的に今の仕事にとても役立っています。担当講師の南雲先生はエネルギッシュでとても楽しい方でした。

思い返せば受講期間は意外と短かったです。だからこそ何をするか、どう過ごすかが一番大切になってくるとのではないでしょうか。私は独学では学べないものをたくさん吸収できたので、充実した時間を過ごせました。』

Webの技術を生かした宣伝を―

『今のお仕事は、Webとモバイルを使った宣伝を企画するお仕事なので、どっぷりと制作をしているわけではありません。ですが企画を立てるときに、Webやモバイルで今どんな技術が最先端かとか、ニーズはどうかとか知っていると、いいヒントになることが多いんです。そのためにも新しい技術もいち早く知っておく必要があります。だからこそ、プライベートでは制作を続けていくつもりです。

何よりもまずはWeb関係の宣伝知識をいろいろ深めることが先決。経験豊富な先輩や仕事の進め方を見習って、どんどんと身に付けていかなくてはと思っています。そして、多くの人に「この映画を観てみたい!」と思わせるようなPRができるようになりたいです。』

デジタルハリウッドデジタルハリウッド のおすすめポイント
『決め手は、OJTというカリキュラムが用意されていること。自分の人脈では実現できないような制作が体験できるところに強く惹かれました。』
無料一括資料請求