1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. デジタル映像

デジタル映像

デジタル映像の仕事とは

映像制作に携わり、デジタル編集の技術やノウハウを駆使し、映像を制作していく仕事です。
フィルムやビデオによるアナログ編集に多大な時間を費やしていた映像制作は、デジタル機器の登場で一変しました。
コンピューターを使用したデジタル編集により、現代の映像はよりキレイに、より細やかに、よりダイナミックに映し出すことができるようになりました。
また、インターネットの進歩により、動画配信事業が盛んになり、ストリーミング配信やWeb知識にも関心のある人物が必要とされるようになりました。

デジタル映像の職業はどんな場面で役に立つの?

主にテレビ、映画、広告など、ありとある映像コンテンツを扱う職種が、活躍の場となります。
一例として、製作会社に所属しテレビ局、広告代理店などから依頼されて、映像を作成するといった仕事があります。
動画配信事業の普及により、テレビ、映画しかなかったフィールドが、さらに広がってきています。
編集機材やPCの価格が下がったことにより、今まで映像製作にふれることの困難であった一般の人々が、在宅で映像編集する、フリーエディターとして活躍する機会も増えてきました。

無料一括資料請求

デジタル映像の将来性は?

いつの時代でも、エンターテインメントの主役である「映像」ですが、テレビや映画においては若干の衰えが見受けられます。
一方で、高速通信によるWeb動画配信が可能となった現代では、勢いは強まる一方です。
もちろん、これにはCGMや著作権など問題も多く、「どの会社に所属するか」、「プロのクリエイターとして生きる道はどこか」ということが大きな焦点になりそうです。
しかし、映像クリエイターの需要はまだまだ高いと言えるでしょう。

こんな人がデジタル映像取得に向いています

無料一括資料請求

必要な資格はあるの?

デジタル映像クリエイターになる為に、必要な資格は特にありませんが、映像を編集する際に、基礎知識と技術は必須です。
そこで、映像編集ソフトに関する認定試験を紹介します。
認定を受けることが出来れば、企業の採用担当者やクライアントに対してのアピールポイントとなり、クリエーターとしての競争に有利な資格です。
ここで紹介するのはアプリケーションの習熟度を客観的に評価する資格です。

デジタル映像関連試験・資格データ 《Adobe Premiere Pro ACE認定試験》

合格率 非公開
受験資格 年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。
取得方法 【step1】認定レベルの選択
単一製品の選択アドビシステムズ社製のソフトからPremiere Proを選択し、これに対する専門知識を認定します。
【step2】受験登録
アドビ認定試験は、テスト事業者であるピアソンVUEおよびプロメトリック株式会社が実施しています。
試験は世界に1,000拠点以上ある認定テストセンターにて行われています。
【step3】試験への準備、受験
試験内容 アドビシステムズ社製『Premiere Pro』の機能に関する知識・操作技量を評価します。
認定試験にはテストセンターのコンピュータを使用し、[60問から90問]の選択問題が出題されます。
各試験1時間から2時間で終了します。
結果は試験終了後すぐに表示されます。
受付期間 希望する日時(テストセンターによる申し込み)
試験日 希望する日時(テストセンターによる受験)
受験料 18,900円(税込)
ソフトウェアのバージョンアップに伴う再認定試験の際には別途5,000円が必要
問合せ先 アドビシステムズ株式会社/アドビ認定
〒141-0032
東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎イーストタワー
無料一括資料請求

デジタル映像スクール一覧

※ACE認定試験では、Adobe After Effects 6.0の認定取得もお勧めです。
※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。