1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. C言語

C言語

C言語とは

C言語は30年以上の長い歴史を持ち、かつ世界一普及しているプログラミング言語です。
自由度、実行速度、コンパイル速度などが優れています。
分野を問わず適用できる言語であるため、C言語から発展した言語も多く、入門言語としても最適です。

C言語ではこんなことができます

C言語は1972年の誕生以来、世界的に普及しているプログラミング言語で、アマチュアからプロのエンジニアに至るまで幅広く利用されています。
簡潔で読みやすい記述ができ、細かな処理が実現可能で、多くの環境に移植可能であるといった特徴があります。
また、作成したプログラムは高速に動作し、業務用システム開発や高度なアプリケーション開発などの分野で利用される機会が多い言語です。

無料一括資料請求

C言語の活躍の場は?

C言語はあらゆる分野に浸透しており、パソコン向けだけでなく、研究用・業務用の機器のソフトウェア開発にも使われています。ゲーム業界においてもC言語のスキルは必須です。 基礎にして実用度の高いC言語を習得していれば、ソフトウェア関連のあらゆる分野で活躍できます。

C言語の将来性は?

現在では、作成するプログラムの性質に応じて、いくつかのプログラミング言語を使い分けることが一般です。
この中には、C言語を拡張したものが多いため、実務で他の言語を扱わなければならなくなったときにもスムーズに対応ができます。
C言語を扱えるということは、「基礎ができている」ことのアピールになるため、ソフトウェア関連の分野で就職するにあたっての強みになるでしょう。
また、就職・転職の際には「C言語プログラミング能力認定試験1級」に合格していると、実務での実力を示すことができ、有利に運ぶことができます。

C言語はこんな人に向いています

C言語は機能拡張や簡便化があまりされておらず、他の言語よりも自分で制作していく機会が多くなります。
ですが、プログラミングの基礎を固めることができますので、根気よく学習を続けられる方にはお奨めです。
プログラミング全般に言えることですが、論理的に文章を組み立てられる人は、プログラムの組み立てにも向いています。

無料一括資料請求

C言語試験・資格データ《C言語プログラミング能力認定試験》

合格率 46.9%(平成23年度平均)
受験資格 年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。
取得方法 C言語プログラミング能力認定試験に合格すると取得できます。
レベル 1級、2級、3級
試験内容 1級:【実技試験】
事前に公開しているテーマプログラム[アスレチッククラブ会員管理プログラム]に対する仕様変更、仕様追加等の課題についてのプログラム作成。 (変更仕様書の作成を含む)
2級:【筆記試験】
C言語プログラミングに必要なプログラミング知識・技能について出題:
  • 定数
  • 演算子
  • 宣言指定子
  • 変数
  • 外部定義
  • プリプロセッサ機能
  • ライブラリ関数
3級:【筆記試験】
C言語プログラミングに必要なプログラミング知識・技能について出題:
  • C言語
  • 演算子
  • 型指定子
  • 変数
  • 基本制御文
  • プリプロセッサ機能
  • ライブラリ関数
受付期間 公開試験:
【1・2・3級】3月上旬~6月上旬
【3級】7月下旬~8月下旬
【1・2・3級】10月上旬~1月上旬
団体受験:
試験日の3週間前までに申込ください。
試験日 公開試験:
【1・2・3級】6月下旬
【3級】9月中旬
【1・2・3級】1月下旬
団体受験:
【1・2・3級】6月下旬~7月下旬の期間内であればいつでも受験可能
【3級】9月中旬~10月上旬の期間内であればいつでも受験可能
【1・2・3級】1月下旬~2月下旬の期間内であればいつでも受験可能
受験料 1級:7,200円
2級:5,900円
3級:4,900円
※団体受験会場の場合は1試験1回につき受験申込手続料2,100円が、別途必要となります。
問合せ先 ビジネス能力認定サーティファイ
〒104-0031
東京都中央区京橋3-3-14 京橋AKビル
無料一括資料請求

C言語スクール一覧

※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。