1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. CGデザイナー

CGデザイナー

CGデザイナーとは

CGとは、「コンピュータグラフィックス(Computer Graphics)」の略であり、コンピュータを用いて画像を作成すること、およびその画像のことを表します。
CGはノイズの少ない鮮やかな色彩、修正や編集の容易さなどが特長です。
CGデザイナーは、その活躍の分野が多岐にわたり、WEBサイト運営に関わるCG映像などのデジタルコンテンツ・音楽・ゲーム・アニメーション・広告物制作など、映像制作全般でその手腕が必要とされている職業です。

CGデザイナーはどんな場面で役に立つの?

CG制作会社、デザイン事務所、広告制作会社などが主な就職先です。
経験と実績を積めば、独立してフリーで活躍することも可能です。

無料一括資料請求

CGデザイナーの将来性は?

今後はWEBの進歩や広告媒体の多様化に伴い、CGデザイナーの有用性はさらに高まっていくと考えられます。
将来性・注目度ともに若い世代に高い職業です。
CG制作会社やデザイン事務所・広告制作会社などに勤務した場合は、その会社の規定の給料となりますが、スキルを身につけた後フリーとなり、第一線で活躍するようになればかなりの収入を得ることも可能です。

こんな人がCGデザイナー取得に向いています

無料一括資料請求

CGデザイナー試験・資格データ《CGクリエイター、CGエンジニア検定》

合格率 1級:31.2%
2級:45.1%
3級:62.0% (平成20年度後期)
受験資格 年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。
取得方法 CGクリエイター、CGエンジニア検定の各級に合格すると、その級を取得できます。
レベル 1級、2級、3級
試験内容 1級:
【一次】論述試験専門知識の応用とディジタル映像制作における問題解決・ 複数問題から選択解答
【二次】課題提出・課題に基づいたディジタル映像の制作
2級:
写真撮影、動画撮影、映像編集、モデリング、マテリアル、アニメーション、シーン構築、プロダクションワーク、映像技術、数理造形、知的財産権について
3級:
コンピュータグラフィックスの基礎、表現の自由、3次元CGの制作、技術の基礎、知的財産権、ファイル形式について
受付期間 4月上旬~5月中旬
9月上旬~10月中旬
試験日 7月中旬
11月下旬
受験料 1級:【一次】7,500円 【二次】7,500円
2級:5,500円
3級:4,500円
問合せ先 (財)画像情報教育振興会/CG-ART協会[検定実施センター]
無料一括資料請求

CGデザイナースクール一覧

※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。