1. 総合資格ナビ
  2. スクール・講座を探す
  3. Access

Access

Accessとは

以前では大量の紙とバインダーを使って保存していた情報も、今では電子情報として保存され、いつでもどこでも引き出せるようになっています。
このように便利なシステムを構築できるデータベース管理ソフトに、あなたも挑戦してみませんか?

Accessではこんなことができます

Accessはマイクロソフト社が開発したデータベース管理ソフトです。仕事で使う顧客名簿、売り上げデータ、住所録などあらゆるデータをパソコン上で登録・管理できます。
ネットワークを通じて項目を、自由に並べ替え・書き換えを行うことが出来ます。大量の情報を管理するためには必要不可欠なソフトウェアです。
他のデータベース管理ソフトよりも操作性が良く、初心者から上級者まで幅広く対応しているという特徴があります。
柔軟性に富み、便利である一方、Word・Excel・Powerpointよりは直感で操作できる要素が少なく、スクール・講座で学ぶケースが多いです。

無料一括資料請求

Accessはどんな場面で役に立つの?

業務を円滑にするために、ネットワークを通じて情報を検索、編集できるシステムを構築するなど、企業内での情報統括部門での活躍が期待できます。
加えて、Accessはデータベースとしてだけでなく、プログラムを構築することもできますので、こちらの技術を磨いて、ソフトウェアの分野で活躍することもできます。

Accessの将来性は?

近年ではオフィスの電子化がますます促進されており、特にデータベースの作成・管理のスキルに対する需要は高い水準を保っています。
Accessの扱いには、ある程度の専門的な知識が必要ですが、学習を通して実用に耐え得るシステムを構築できるようになれば、情報のプロとして働くことが出来ます。

Accessはこんな人が向いている

Accessを扱うには、ワードやエクセルとは違い、ある程度のプログラミングの知識が要求されます。そのため、過去に何らかの言語を扱ったことがある方が、スムーズに学習できます。
また、現場においてスキルを活かすには、ネットワーク関連の知識があると有利です。

無料一括資料請求

Access試験・資格データ《Accessビジネスデータベース技能認定試験》

合格率 70.1% (平成20年度平均)
受験資格 年齢・性別・学歴等に関係なく、誰でも受験することができます。
取得方法 Accessビジネスデータベース技能認定試験に合格すると取得できます。
レベル 1級、2級、3級
試験内容 【知識試験:】
  • データベースおよびMicrosoft Accessに関する操作知識
  • パソコン認定試験実施プログラムによる選択問題
【実技試験:】
  • Microsoft Accessの操作によるmdb(Access2007:accdb)ファイルの作成、更新
  • テーマ・指示に従い、ハードディスク上やFD等に解答を保存し、提出する。
受付期間 【公開試験:1・2・3級】8月上旬
【随時試験:】試験会場により受付日程が異なります。
試験日 【公開試験:1・2・3級】10月上旬
【随時試験:】試験会場により開催日程が異なります。
受験料 1級:7,500円
2級:6,500円
3級:5,500円
問合せ先 ビジネス能力認定サーティファイ
〒104-0031
東京都中央区京橋3-3-14 京橋AKビル
無料一括資料請求

Accessスクール一覧

※Microsoft Office 製品は、Microsoft Corporation. の商標です。
※当サイトのすべての情報のご利用については、ご利用者の責任において行って下さい。